チキンと一緒に頼みたい!姉妹店ハースのオリジナルガレット

2017.01.09

ルコックロティで食べられるハースの看板メニュー!

galette

ガレットが食べられるのは、ハースだけじゃないんです。

こんばんは!ルコックロティです。当店の看板メニューと言えば、「ロティサリーチキン」ですが、姉妹店であるハースの看板メニュー「ガレット」も食べられるのが、いいところ。ということで今回は、ガレットについてご紹介していきますよ。

「ガレット」とは?

14702295_1969682066591938_7297034690739165404_n

ハース恵比寿店やハース池袋2号店のブログでも、ガレットについてはご紹介しているので、もう知っているよ、という方もいるかと思いますが、改めて…。ガレットとは、簡単に言うと「そば粉でできたクレープ」。

「ガレット」という言葉だけ聞くと、おしゃれな女性が食べていそうなイメージが強いですが、もともとはフランス・ブルターニュ地方の郷土料理。庶民的な食べ物だったんです。クレープが甘いスイーツだったら、ガレットは食事になる塩っぽさが特徴的。なかには、ハムやチーズ、たまごなど、具材をたっぷり盛り込んでいきます。

e5576597d15ec6bd3b797ec270265cd7_s

ハースのガレット生地には、北海道多度志産の北早生(きたわせ)種のそば粉を100%使用。石臼で丹念に製粉されたそば粉に、荒めに挽いた“粗挽き粉”をブレンドすることで、そばの風味と香りを十分に引き出しています。これはハースのシェフも自慢の一品!まだ食べたことがない方は、ぜひ試してみてください♩

ガレットと一緒に楽しむお酒は「シードル」

8e11544af03e4494b14e9f8d206e44fc_s

ロティサリーチキンに合わせるなら、ビールやハイボールがおすすめですが、ガレットに合わせるなら、りんごのお酒「シードル」が断然おすすめ!もともと、フランスのブルターニュ地方は、ぶどうが育ちにくい気候であったため、ワインの原料であるぶどうの代わりにりんごをお酒にしたのがシードルの始まりなんだとか。そこから、ガレットにはシードルを合わせるのが主流になっていったようです。

ルコックロティに来たら、ガレットを頼むのも忘れずに。

main_bg_001

ということで、今回はルコックロティでも食べられるハースのガレットについて紹介してきましたが、いかがでしたか?看板メニューの「ロティサリーチキン」を食べて満足していた方も、せっかくならガレットを食べてみてくださいね。


ルコックロティ 公式ページ
http://www.lecoqroti-ikebukuro.com/

Access
アクセス

Bistro Wine Cafe Le Coq Roti

住所
〒 171-0022
東京都 豊島区 南池袋2-27-5カテイビル2F
電話番号
050-7542-8898
営業時間
[月~金]
Lunch 11:30~15:00 (LO 14:00)
Dinner 17:30~23:30 (LO 22:30)
※金曜日は17:00オープンです。

[土・日・祝]
Lunch 11:30~15:00
Cafe  13:30~17:00
Dinner 17:00~23:30 (LO 22:30)
※日曜・月曜・連休最終日は23:00閉店です。
日曜営業
定休日
年末年始
Webで予約