ビールと相性バツグン!お酒片手に楽しみたい「ロティサリーチキン」

見た目も豪快なチキンにかぶりつく!

lecoqroti_01お酒好きには、たまらない?

こんばんは、ルコックロティです。
もっとお店のことをみんなに知ってもらいたい!ということで、これからは週に1回ブログで、お店のアレコレを紹介していきたいと思います。

6月に入って、段々と暑くなってきましたよね。ムシムシする梅雨が終われば、夏はすぐそこ!
そして暑くなると、飲みたくなるのが「ビール」ですよね、やっぱり。

今回は、ビールにもぴったり合う、ルコックロティの看板メニュー「ロティサリーチキン」を紹介します。

「ロティサリーチキン」ってなに?

って人に、簡単に説明すると…「鶏のあぶり焼き」です。フランスからきたお料理で、「ロティール」とは、「あぶり焼き」を意味する言葉。そんなロティサリーチキンを、ルコックロティでは、じっくりと時間をかけてお出ししています。

lecoqroti_02

そのこだわりは…

  1. 鶏肉は「つくば鶏」を使用
    水と空気がきれいな筑波山麓で育った鶏を使ってるので、おいしさはもちろん、安心。やわらかくって、ジューシーなお肉が楽しめます。
  2. 漬け込みは2日間
    ローズマリーをはじめとしたハーブ、ニンニク、生姜などを使って、たっぷり2日間、つくば鶏をマリネ。内側までしっかりと味が染み込んだ状態になってから焼き上げるので、焼き上がり後も、ほど良いハーブの香りが。
  3. じっくり低温で焼き上げ
    140度の温度で35分。骨つきの丸ごとチキンを串にさして、回転させながら専用の機械で焼き上げていきます。余分な脂は落としながらも、旨味はしっかりと残してくれるのが嬉しい。

lecoqroti_06
ルコックロティならではのこだわりが詰まった、ロティサリーチキンが出来上がるんです。

丸ごとのチキンって、インパクト大!焼き上がりは一度お見せしていますが、もちろんカットしてからお出しするので、ご安心を。

相性が良いビールって?

さっそくチキンをいただきます。となったら、ビールも選ばないと。濃いビールだと、チキンの味が楽しめないので、ホワイトビールがおすすめ!ロティサリーチキンのハーブの香りと、すっきりとしたホワイトビールがマッチするんです。
IMG_9569

フルーツビールや自然派ワインに合わせるのも、おすすめです。ルコックロティは、ビールも種類豊富に揃えているので、ぜひいろいろと試して、自分だけのベストマッチを見つけてみてくださいね。

持ち帰っても、たのしい!

ロティサリーチキンはお持ち帰りもできるので、これからの季節のちょっとしたパーティーに持ち寄って、アウトドアで楽しむのもステキですよね。

ビール片手に、ロティサリーチキンを

ルコックロティのロティサリーチキンについてはお話ししてきましたが、いかがでしたか?
lecoqroti_05

ここでしか食べられない「ロティサリーチキン」を、ぜひ味わいにきてみてくださいね。

◆今回紹介したメニュー

ロティサリーチキン
▪︎ ハーフサイズ ポテト付 1,680円
(チキンのみ 1,480円)
▪︎ フルサイズ ポテト付 2,980円
(チキンのみ 2,780円)

※料金は税別です