おしゃれなデザインが魅力!瓶ビールの蓋「王冠」の話。

 当店に並ぶ個性的な瓶ビール

こんばんは、ルコックロティです!今日は雨模様でしたが、明日からは一気に暑くなりそうですね。暑くなると飲みたくなるのが「ビール」。ルコックロティでは、ドラフトビールはもちろんですが、世界各国の個性的な瓶ビールもご用意しています !  その数は、なんと20種類以上!あまり目にすることがない、レアなビールも揃えていますので、お気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

ビール瓶の蓋になっている「王冠」

そして今日お話するのは、そんなビールの蓋になっている「王冠」のこと。21本の溝が施されたこの王冠は「スカート」と呼ばれています。今ではこの王冠が使われるのが当たり前になっていますが、昔はコルクが使われていたんです。ただ、コルクの場合、なかなか開栓できなくて瓶が割れてしまったり、開栓できたと思ったら泡がふいて床が汚れてしまったり…と問題が多かったんです。

そこでアメリカ人の技術者が王冠を発明。これによって開栓もとっても簡単になったんです。今では、その王冠にオシャレなデザインが施されていますよね。ブランド独自のカラーがわかるデザインの王冠は、コレクターズアイテムになっているほど。

普段は、開栓したらビールしか見ていないかもしれませんが(笑)、せっかくなら王冠もチェックしてみてくださいね。

ルコックロティで世界のビールを味わって。

ということで今日はビールとビールの王冠についてはお話してきましたが、いかがでしたか?これからの暑い時期に消費が多くなる「ビール」!ぜひ、飲む前に王冠もチェックしてみてくださいね。惹かれるデザインがあるかも…。

今週も皆さんのお越しをお待ちしております!

ルコックロティ 公式ページ
http://www.lecoqroti-ikebukuro.com/