チキンと合わせてオーダーしたい!姉妹店Hearth自慢の「チーズフォンデュ」。

チキンもいいけれど、この時期は…。

こんばんは、ルコックロティです!
すっかり秋めいてきたこの頃。肌寒くなってくると、温かいものが食べたくなってきますよね。そんな季節に、当店自慢の「ロティサリーチキン」と合わせて食べてほしいのが姉妹店ハース自慢の「チーズフォンデュ」
実は、ルコックロティでもチーズフォンデュを扱っているんです。

その味は、まさに本場の味そのもの。当社の社長である原田と、シェフの福士がフランス・パリを歩き回り…、やっと見つけた名店「Le Marivaux」の味を忠実に再現しました!


まろやかな口当たりとやさしい香りのチーズフォンデュはワインだけでなく、他のお酒にもぴったり。

hp_awajishima
tel
hp_awajishima

とろーり濃厚!ココでしか食べられないチーズフォンデュ。

そんなこだわり満載のチーズフォンデュが食べられるのは、HearthとHearthの姉妹店だけ。今日は、そんなチーズフォンデュの濃厚な味わいの秘密をちょっぴりご紹介!

hp_awajishima
tel
hp_awajishima

秘密① 風味をつくる「白ワイン & ブランデー」

Hearthのチーズフォンデュには、白ワイン & ブランデーをたっぷり使っています。完全にアルコールを飛ばし、風味をしっかりと残した状態のお酒にブレンドしたチーズを入れて。濃厚なチーズフォンデュソースをつくりあげています。

秘密② 高級なチーズをたっぷり使用!

使っているのは、高級チーズとして有名なスイスの「グリエールチーズ」。たっぷり使うことで、独特のコクと風味を生み出しています。
手間はかかりますが、それもお客様に「本当においしいもの」を味わってほしいから。シェフの情熱が詰まったチーズフォンデュソースになっています。

秘密③ モチモチ食感のパン。

チーズフォンデュと一緒にお出してしているパンは、オーダーが入ってからオーブンで焼き上げています。だからこそ、外はカリカリで中はモチモチに。チーズをたっぷり染み込ませて、お召し上がりください!

hp_awajishima
tel
hp_awajishima

ロティサリーチキンとの相性も抜群!

茨城県産のつくば鶏を丸ごと1羽、専用のオーブンに入れて焼き上げたジューシーなチキン。時間をかけて丁寧につくりあげたロティサリーチキンは、とろーり濃厚なチーズの味わいが自慢のチーズフォンデュとの相性も抜群。

お腹いっぱい食べたい「食欲の秋」は、ルコックロティのロティサリーチキン&チーズフォンデュで!ワイン片手に、ちょっとおしゃれなディナーを楽しんでみてくださいね。

チーズフォンデュ 2人前 / 1,850円(税別)